雇用契約と業務委託契約

起業
スポンサーリンク

「これからは、請負という形で働いてもらいます。手取りは増えますよ☺️」と会社から言われ…

やめたは良いが会社員の時と同じように働いてしまう。という、おかしな現象が起こる。その前のまず学びましょう。

業務委託になるということは、会社員から、自由がきかない!保障のない!自営業へ転身するということ❗️ 自分が望んでいないのであれば、安易に引き受けてはいけない‼️

会社を辞めて、クライアントが元居た会社だった場合に陥りやすい罠❗️

雇用契約と業務委託契約の違い

雇用契約とは

従業員になろうとする人が労働力(時間)を提供し、使用者がそれに対して、報酬を支払うことを合意する契約。労働者にあたる場合は、原則として、労働基準法や労働契約法上の保護を受けることになります。

社員や契約社員、パート、アルバイトがこれにあたる。

業務委託契約とは

厳密な定義はありませんが、一方が特定の仕事をし、その仕事等に対して相手方が報酬を支払うことを内容とする請負類似の契約と捉えることが多い。委任や準委任契約につき業務委託契約と呼ばれることもある。

すなわち、請負契約ですな。会社員のように無理なお願いに従わなくてもOK😙

業務委託契約は雇用契約と違い、「使用者」と「労働者」という主従の関係にない独立した事業者間の契約であります。あなたが結んでいる契約が業務委託契約である場合、「労働者」でないことから、労働基準法や労働契約法上による種々の保護は受けることができないことになります。

ですが、あなたと契約の相手方の間に「使用従属性」が認められれば、労働法上の保護が受けられます。

「使用従属性」の主な要素

  • 仕事の依頼・業務従事の指示等に対する拒否の自由がない
  • 業務遂行上の指揮監督の程度が強い
  • 勤務場所・勤務時間が拘束されている
  • 報酬の労務対償性がある
    ※報酬が、仕事の成果ではなく働いたことそのものに対するものである場合や、報酬が時間給や日給によって定められているような場合を指します。
  • 機械・器具が会社負担によって用意されている
  • 報酬の額が一般従業員と同一である
  • 専属性がある
    ※「その会社の仕事しかしない」というような場合を指します。
  • 就業規則・服務規律の適用がある
  • 給与所得として源泉徴収されている
  • 退職金制度、福利厚生制度の適用を受けることができる

当てはまるものは、いくつありましたか?当てはまるほど雇用契約と認められやすくなります。
つまり、建設業関係で言えば常用で働くことを意味します。(悪く言えば日雇労働)

まとめ

  • 契約書が無く、自分の契約がどういうものか分からないけれど、会社に命令されて長時間の勤務をさせられている。
  • 業務委託契約という名目で契約を締結しているけれど、会社から指揮命令を受け、普通の社員と待遇が変わらない仕事をさせられている。

あなたの契約が雇用契約と認められ、労働者性がある場合、あなたは以下のような労働法上の保護を受けることができます。ので、自分の身を守るため、最低限のルールだけは頭に入れておきましょう。

フリーランスの醍醐味は、保証もなく、全責任を負う代わりに、
自分の意志で好きなように働けること❗️

意に反した形だけの自営業になりたいか?

自分も含めて、もっと自由に楽しく仕事できたら良いなぁ〜とおもいました。

以上!参考になったら嬉しいです。