不幸の宝くじ〜保険 ①

生活
スポンサーリンク

保険の見直しをしていく上で、今までの考え方を見直していきましょう。

”不幸の宝くじ”といわれる由縁
 保険と宝くじは、同じ仕組みでできています。宝くじは、抽選で当選者が決まり、保険は不慮の事故が発生した時に保険金という賞金が支払われます。
しかも、手数料がとんでもなく高いということ!宝くじは50%、保険は30%〜60% 胴元が持っていき、その残りが賞金や保険金で支払われるのです。保険会社のビルが立派なのは、そのおかげ❤️
保険大好き日本人!保険セールスマンに不安を煽られ、巧みなーケティングに載せられているのです。

保険商品には、かなり高度なテクニックが用いられています。それが「確率」です。高等数学を用いて不幸な事故の発生確率を計算します。たとえば、死亡率を用いることで、特定の年齢の男性が死亡する確率を予測できるのです。同じように、確率論を用いて負けないルールをつくり、確実に儲けているのが保険です。確率論を使って、胴元が損しない仕組みを作り上げているのです。

最悪な保険の入り方
 感情で判断する

「病気になるかも、死んじゃうかも、なんとなく不安だから保険に入っておこう」

最高な保険の入り方
 理性で判断する

「起こる可能性は超低いけど、現実に起きてしまったら損失が超大きい」

大事なことは、数字と感情は分けて考える!です。
 一緒にすると結論が出てきませんので、まずは分けて考えていきましょう。

保険の基本

保険の基本的な考え方は、
起こる確率がすごく低いのに、起こってしまうと生活が立ち行かなくなる事を補うのが、保険の役割です。

例えば、40代男性が死亡する確率は、0.1%(1000人に一人)これは低確率といえます。
 年収400万円とすると、40歳〜65歳までにトータル1億円稼げる計算になります。死亡すると、これらすべてが失われるから、残された家族にとっては大損失になり、生活が立ち行かなくなる事になります。
低確率大損失。家計を支えている人の死亡に備えて、生命保険に入るのは正解となります。

逆に、癌になったらどうしょう?という不安があるとする。30歳の男性が、40歳になるまでの確率は0.6% これも低確率といえる。しかし、癌になった場合の治療費は、6割の人が50万円〜100万円で済んでます。お金的には痛いけど、
 100万円以上の貯蓄があれば生活が破錠するほどの大損失にはならないというわけです。

民間保険にはできるだけ入らないこれを常識にしていきましょう。

まとめるとこうなります。
  • 低確率低損失=貯金で備える
  • 高確率低損失=貯金で備える
  • 低確率大損失保険で備える
  • 高確率大損失=近寄ってはいけない

※近寄ってはいけない所!たとえば、政情不安な国や、紛争地域に行くことです。危険すぎる❗

必要な民間保険は3つだけ

  1. 生命保険(自分が亡くなったら、生活に困る家族がいる場合のみ)
  2. 火災保険
  3. 自動車保険(車両保険いらない)
確率損失額       備考
死亡0.1%数千万〜数億円死亡時の年齢・年収次第
火災0.035%数千万〜数億円住宅価格・周囲への損害賠償価格次第
自動車事故で人を死なせてしまう確率0.0039%数千万〜数億円損害賠償価格次第
お金の大学より引用

1%=100人に1人 ・ 0.1%=1000人に1人

社会保険

社会保障がカーバーしてくれるリスク

  • 病気・ケガのリスク
  • 障害のリスク
  • 死亡リスク
  • 失業リスク
  • 老後リスク
  • 介護リスク
  • 出産費用のリスク

これらが主なリスク対応の基本となります。

医療保険

  1. 日本は国民皆保険
  2. 理念は必要最小限・平等
  3. 自己負担は原則3割負担、負担額には上限がある

国民皆保険

基本的に、ほとんどの国民が入っているのがこの保険

  • 会社員→健康保険組合・協会けんぽ・公務員共済組合など
  • 自営業・フリーランス→国民健康保険
  • 高齢者→後期高齢者医療制度

必要最小限・平等

公的医療ではカバーされないもの
  • 先進医療
  • 治療以外の医療行為(美容整形・レーシック)
  • 保険対象外の医薬品
  • 病院の個室(差額ベッド代)

健康保険証を持っていれば、どんな人でも、どこの病院でも自由に受診することができる。
治療費が変わることもなく平等に扱ってもらえる。

原則3割負担、負担額には上限がある

病気やケガでかかる治療費は、窓口負担で3割で済みます。そして、その負担額には上限があります。
この上限を、高額療養費制度といいます。

高額療養費制度とは

同じ月(1日〜月末)にかかった医療費の自己負担が高額になった場合、自己負担限度額を超えた分が、後で払い戻される。

70歳未満の方の区分【平成27年1月診療分から】

所得区分自己負担限度額多数該当
① 区分ア(標準報酬月額83万円以上の方)
(報酬月額81万円以上の方)
252,600円+(総医療費-842,000円)×1%140,100円
② 区分イ(標準報酬月額53万〜79万円の方)
(報酬月額51万5千円以上〜81万円未満の方)
167,400円+(総医療費-558,000円)×1%93,000円
③ 区分ウ(標準報酬月額28万〜50万円の方)
(報酬月額27万円以上〜51万5千円未満の方)
80,100円+(総医療費-267,000円)×1%44,400円
④ 区分エ(標準報酬月額26万円以下の方)
(報酬月額27万円未満の方)
57,600円44,400円
⑤ 区分オ(低所得者)(被保険者が市区町村民税の
非課税者等)
35,400円24,600円
全国健康保険組合 引用
  1. 総医療費とは保険適用される診察費用の総額(10割)です。
  2. 療養を受けた月以前の1年間に、3ヵ月以上の高額療養費の支給を受けた(限度額適用認定証を使用し、自己負担限度額を負担した場合も含む)場合には、4ヵ月目から「多数該当」となり、
    自己負担限度額がさらに軽減されます。

「区分ア」または「区分イ」に該当する場合、市区町村民税が非課税であっても、標準報酬月額での「区分ア」または「区分イ」の該当となります。

つまり、どんだけ治療費がかかろうが、月に10万円程度で済む(4ヶ月目からはさらに減額される)
※入院や治療が長引くと思ったら、あらかじめ限度額適用認定証の交付を受けておけば、窓口での負担が「自己負担限度額」になる。多額のお金を準備しなくてすみます。

高額療養費制度の詳しい解説はこちら→全国健康保険組合

会社員が加入している健康保険のメリット

  • 保険料が会社と折半→保険料が割安
  • 扶養制度→扶養に入れた妻子の保険料・年金(第3被保険者)は保険料免除!
  • 傷病手当金→ケガや病気で休業すると、最長で1年6ヶ月の間平均月収の3分の2受給できる
     傷病手当金の条件 ・業務外のケガや病気により休業している。
              ・療養のため仕事に就くことができない。
              ・連続する3日間を含み4日以上仕事に就けない
              ・休業中に、給料の支払いがない。

傷病手当金の詳しい解説はこちら→全国健康保険組合

医療保険まとめ

日本の健康保険は世界的に見ても最強!

  • 原則3割負担 平等に必要な医療が受けられる。→会社員・フリーランス
  • 高額療養費制度使って、自己負担は月10万円程度!→会社員・フリーランス
  • 保険料は会社と折半、扶養家族分の保険料は免除!→会社員のみ
  • ケガや病気で働けなくても1年6ヵ月(給料の3分の2支給)は保障がある。→会社員のみ

個人事業主やフリーランスは高額療養費制度はあるが、扶養制度なし!傷病手当金無し、なので何らかの対策は必要かなと思います。

障害年金

障害年金は、病気やケガによって生活や仕事などが制限されるようになった場合に、現役世代の方も含めて受け取ることができる年金です。
障害年金には「障害基礎年金」「障害厚生年金」があり、病気やケガで初めて医師の診療を受けたときに国民年金に加入していた場合は「障害基礎年金」、厚生年金に加入していた場合は「障害厚生年金」が請求できます。

障害年金は2階建て

     厚生年金
  会社員・公務員  
 障害厚生年金3  障害厚生年金2   障害厚生年金1級 
   国民年金
自営業・フリーランス
 障害基礎年金2級 障害基礎年金1級
お金の大学より引用

会社員・公務員→障害厚生年金+障害基礎年金  自営業・フリーランス→障害基礎年金のみ

障害の程度

1級 : 他人の援助を受けなければ、ほとんど自分の用事を済ませることができない。
2級 : 必ずしも他人の援助を受ける必要がないが、日常生活を送ることが極めて困難で、
   労働収入を得ることができない。
3級 : 日常生活を送ることができるが、フルタイム勤務に耐えられない、軽作業しかできない。

受給要件
  • 初診日(ケガや病気で医師等に初めて診察してもらった日)を証明できること。
  • 初診日に国民年金(厚生年金)に加入しており、加入期間の3分の2以上、保険料を収めていること(免除や猶予もOK)
  • 障害認定日(初診日から1年6ヶ月経っても働けない)に障害状態であること。

正直ややこしく条件等が細かいため、実際に受給を検討しなければいけないような状態になったら、会社や年金事務所に早めの相談を!

詳しい国民年金・厚生年金保険障害等級表
http://www.shougainenkin.com/8_03table.html

NPO法人 障害年金支援ネットワーク
障害年金を受給できるのにもかかわらず、受給に至っていない人たちに適切な給付が行われるよう、電話相談や広報の活動を続けている全国規模の非営利団体です。障害を負ってしまったらここへ連絡を
https://www.syougainenkin-shien.com

障害年金の受給金額

障害基礎年金の受給額
障害等級/
家族構成
子なし子1人子2人子3人
1級977,125円   
(月額81,427円)
1,202,025円    
(月額 100,168円)
1,426,925円   
(月額 118,910円)
1,501,925円   
(月額 125,160円)
2級781,700円
(月額 65,141円)
1,006,600円
(月額 83,883円)
1,231,500円
(月額 102,625円)
1,306,500円
(月額 108,875円)
障害支援ネットワーク〜引用

「子」とは、「18歳到達年度の年度末までの子ども」または「20歳未満で障害等級1級または2級の子ども」で一定の年収基準を満たしている人のことです。
基礎年金では、配偶者の有無によって受給額が変わることはありません。

障害厚生年金の受給額
障害等級金額
1級障害基礎年金(977,125円+子の加算+報酬比例の年金×1.25+配偶者加給年金 
2級障害基礎年金(781,700円+子の加算+報酬比例の年金+配偶者加給年金
3級報酬比例の年金(最低保証586,300 円(月額48,858円)
障害手当金報酬比例の年金の2年分(最低保証1,172,600円)※一時金
障害支援ネットワーク〜引用

障害厚生年金(報酬比例の年金)は、人によって金額が違います。その人の平均標準報酬額(厚生年金保険料の計算の元となる額)や厚生年金保険に加入していた期間などによって年金額が変わります。

1級と2級は、障害厚生年金と同時に障害基礎年金(子の加算を含む)が支給されます。

※3級と障害手当金は報酬比例の年金のみの支給のため、加入期間が短いなどの理由で金額が低くなり過ぎないよう最低保証額があります。(1級と2級は同時に障害基礎年金が支給されるため、最低保証はありません。)

報酬比例とは

障害厚生年金の報酬比例というのは、「年収水準や厚生年金の加入期間によって受給額は変わる」ということ。計算式 平均年収×加入年数×0.005481で計算できます。加入年数が25年に満たない場合は、加入年数=25年とみなして計算されます。

配偶者加給年金とは

障害になってしまった人に生計を維持されている65歳未満の配偶者がいるときに加算される年金。
 配偶者自身が20年以上の加入期間の老齢厚生年金
(中高齢の特例などで20年とみなされる年金も含む)・退職共済年金または障害基礎年金・障害厚生年金を受給しているときは受け取ることができません。

障害等級金額
1級・2級       224,900円 (月額 18,741円)       
   3級・障害手当金          なし
障害支援ネットワーク〜引用

分かりづらいのでざっくり事例

・35歳会社員、勤め始めてから今までの平均年収300万円。
妻・子一人「障害1級に認定」

障害基礎年金→781,700円 × 1.25 + 224,900円(子の加算)
障害厚生年金→約410,000円 × 1.25 + 224,900円(配偶者の加算)
 合計で年額約190万円月額 約16万円

・35歳フリーランス・自営業
妻・子一人「障害1級に認定」

障害基礎年金→781,700円 × 1.25 + 224,900円(子の加算)
 合計で年額約120万円月額 約10万円

やはり、同じ条件でもフリーランス・自営業は保障面で不利な部分がどうしても出てきてしまいますので、それを補う保険も検討にはなってきます。検討される保険は”就業不能保険”です。
しかし、障害年金受給者の約6割がうつ病などの精神障害が原因だと言われていますので、そこまでカバーされた保険を探さなければいけなくなります。民間の就業不能保険は精神障害はカバーされておらず、保証内容も一生涯ではないということが多いです。

今の所、かゆいところに手が届く良い保険が少ない。
 どうしても加入したいのならば、

  • 障害認定の基準が、公的制度と同等
  • 精神疾患もかカバーしてくれる
  • 月額5〜15万円の保険金を、障害の続く限り受給できる
  • 保険料は月1,000円〜3,000円の範囲

こういった保険が出てきた場合は、加入を検討しましょう。

障害年金を受け取る確率は約1.6%です。 100人中1.6人の確率ですね。
厚生労働省年金局データ
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12501000-Nenkinkyoku-Soumuka/0000075345.pdf

次に続く…