節約ではなく固定費の見直し!

生活
スポンサーリンク

脱サラ大工のブログなのに、なかなか木工事の内容の記事が出てこなくて不安に思ってる方!もうちょっと待っててください!そのうちUPしますから…たぶんそのうち。

では、気を取り直して、

脱サラしてフリーランスになると、毎月の収入が全然安定しないので、生きていくためにまずは無駄な固定費の見直しからしていきましょう。

節約ではなく、なぜ固定費(毎月固定で出ていくお金)なのかと言うと、節約=我慢になっちゃうから😓固定費の削減は我慢が不要❗️

  • 最初に設定すれば後は何もしなくてOK!
  • 設定した日からずっと固定費が下がる。
  • 変動費の節約よりも節約できる額が多い→心も寂しくならない。
  • 生活水準ほぼ変わらないし、ストレスがたまらない。
  • 浮いたお金を自由に使える。
  • 収入を増やすより簡単だし、収入を増やすのと同じ効果が得られる。

稼ぐことよりも簡単!やれば誰でも同じ結果が得られるし、その月稼げなくても、お金に対するストレスを減らせるから☺️豊かに暮らすためには必須ですね。

私もやってる見直し項目

まずは、ざっくりと説明していきます。ざっくりと❗️

  1. 各種保険
  2. 楽天経済圏
  3. 格安SIM
  4. キャッシュレス決済
  5. 電力会社

各種保険

まずは保険!保険には種類があって、

死亡保障の保険

  • 定期死亡保険
  • 終身死亡保険
  • 収入保障保険

医療保障の保険

  • 医療保険
  • がん保険
  • 就業不能保険
  • 介護保険

貯蓄のための保険

  • 学資保険
  • 個人年金保険
  • 変額保険

損害補償の保険

  • 自動車保険
  • 火災保険、地震保険
  • 個人賠償責任保険
  • 自転車保険

ざっとこんな感じですかね?まだまだ探せばあると思いますが…たくさんありすぎて吐き気がしてきた。

夫婦2人、医療保険と死亡保険を見直した結果!月額

  • 過去 約22,000円
  • 現在 約6,500円
  • 結果 約15,500円 浮きました。

詳しい解説はこちら↓

楽天経済圏

そして、今一番の最適解が!そう楽天経済圏❗️

日常で使用しているサービスを、楽天のサービスに切り替えることで、楽天ポイントを大量にゲットできます。ちなみに、私は1年間で、約325,000万ポイントゲットできました。

普通に生活しているだけなのにこれは凄いですよね。やらなきゃ損です。

楽天ポイントの凄いところは、出口(ポイントの使い方)も優秀で、ポイントで、携帯代払ったり、電気代払ったり、コンビニで使ったり、マックでポテト食べたり!ドーナッツ食ったり、ちゃんぽん食ったり、寿司食ったり、とにかく色んな所で使えるので便利です。

格安SIM

この辺は言うまでもなく3大キャリア(docomo、AU、ソフトバンク)から乗り換えたほうが、お得になりますね。

ちなみに夫婦2人で、格安SIMに乗り換えたのは2013年ごろなので、かなりのベテランですね。

価格だけでなくデメリットもあるので、よく考えて乗り換えましょう。

主なデメリットと解決方法

  • キャリアメールが使えない→Gメール使いましょう無料だし、メリットしかない。
  • 混雑する時間帯にはデータ通信速度が遅い→いわば慣れです。慣れます。
  • LINEのID検索ができない→ID検索ぅーこんなのいらん!トラブルの元
  • トラブルが自己解決できない人→勉強しましょう。Google先生に聞きましよう。出来ます。
  • 初期設定が出来ない→だからー勉強しましょう。Google先生に聞きましよう。出来ます。
  • 通話料が高い、カケホがない→LINE電話か他の無料アプリで代用!
  • 支払い方法がクレカがほとんど→しゃーないがな、むしろクレカの方がお得じゃね⁉️
  • キャリアのサービスが使えない→むしろいる?お金の無駄‼️
  • 端末が売ってない→ネットでSIMフリーの端末を購入しましょう。

docomoから楽天モバイル(docomo電波)に見直した結果

  • 過去 約16,000円
  • 現在 約3,000→楽天ポイント支払い実質0円
  • 結果 約16,000円 浮きました。

考える間もなく格安SIM一択ですね。ちょっと学ぶだけで、年間にして192,000円所得が増えたことになります。つべこべ言わずに違約金払ってでも乗り換えるべき。

キャッシュレス決済

これがまた、抵抗がある人が多くて…お金の管理ができないとか、使いすぎるとか、主婦の方に多いですねー😭分からんでもないのですが。

私も初めは不安だったんですが、要は慣れです。支出の数字をしっかり管理できる仕組みを作れば良いので、デジタル化の波に乗りましょう。

オススメは、スマホでも使える家計簿アプリマネーフォワード ME」これで入出金を正確に把握することができるようになります。 リンクはこちら!をクリック

メインはクレジットカード払いですが、それに紐つけて使う

  • 交通系ICカード
  • 流通系ICカード
  • タッチ型決済
  • QRコード決済
  • デビットカード

などがあり、かなり複雑化しています。

オススメはやっぱり楽天カード!コレに尽きます。

還元率は1%‼️仮に、月の支払いを150,000円として、全部カード払いにすると、1,500ポイント。年で18,000ポイント!この楽天ポイントは、楽天カードの支払にも使えるので、実質年18,000円浮いたことになります。仕組み化することで、ストレスなくお得に買い物できるのは良いですよね☺️

キャッシュレスにすることで、お会計の時の手間や、お金の流れの把握の手間を削減することが出来ています。本当にオススメなので少しずつでイイので、キャッシュレスにシフトしていきましょう。

電力会社

意外と見逃しがちなのが電力会社の乗り換えです。

電力の小売全面自由化とは

これまで家庭や商店向けの電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが販売しており、家庭や商店では、電気をどの会社から買うか選ぶことはできませんでした。

2016年(平成28年)4月1日以降は、電気の小売業への参入が全面自由化され、家庭や商店も含む全ての消費者が、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。 
つまり、ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになったのです。

つまりは、極端な話!乗り換えれば安くなる。です❗️

やはりオススメは、楽天でんき!と、ここで注意があります。

契約種別

契約種別というのは、電力会社と契約する電気料金プランの種類のことです。

電気料金プランごとに異なる電力量単価(電気1kWhあたりの料金単価)が設定されています。

  • 従量電灯
  • 時間帯別電灯

大まかに言えば、この2タイプになるのですが、オール電化契約の方は、気をけましょう。

逆に値上がりする可能性があるので、下調べは必須ですね。

まとめ

たくさんあって、まとめて手続きするのは、かなりしんどいです。しかし、一回やってしまえば、ずっと続くので一個ずつ手続きしていきましょう。 やるしかないっしょ😬

自分がやってる固定費の削減は以上です。他にも、まだあるよーっていう人はご教授お願いします。

以上、参考になれば嬉しいです。